ニューズニュース
今話題のニュースをあれこれと語ります!
リンク



もれなくプレゼント!

納得の自動車保険見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



楽天



My Yahoo!に追加
Add to Google
にほんブログ村
人気blogランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



最近の記事



月別アーカイブ



RSSフィード



キーワード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家電リサイクル法
家電製品は粗大ゴミ処理施設での処理が困難ものが多く、有用な資源が多くあるにもかかわらず、リサイクルが困難で大部分が埋め立てられている状況にあります。廃棄物の減量、資源の有効利用の観点から家電リサイクル法が、2001年4月1日より本格施行されました。
消費者は不要になった廃棄物を適切に引き渡し、リサイクル料金と収集・運搬料金の支払いに応じます。小売業者は、消費者が買い替えの際に同種の廃棄物の引取りを求めた場合これを引き取ります。そして、製造業者がリサイクルします。
大型家電の代表格といえば、「エアコン」、「テレビ」、「冷蔵庫」、「洗濯機」。これら4品目が特定家庭用機器として指定されています。消費者が支払う標準料金はそれぞれ、「エアコン」3675円、「テレビ」2835円、「冷蔵庫」4830円、「洗濯機」2520円となってます。
ここに来てレンタルビジネスが伸びています。レンタルの場合、購入と比べて初期コストを低く抑えられることから、学生や単身者などにとっては利便性に富みます。 しかも、廃棄時にリサイクルコストがかからないというメリットもあるわけです。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。