ニューズニュース
今話題のニュースをあれこれと語ります!
リンク



もれなくプレゼント!

納得の自動車保険見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



楽天



My Yahoo!に追加
Add to Google
にほんブログ村
人気blogランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



最近の記事



月別アーカイブ



RSSフィード



キーワード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


少年法
少年法が今問題となっています。1997年の神戸連続殺傷事件(いわゆる酒鬼薔薇事件)で少年法がクローズアップされました。その後、2004年に長崎県で発生した十一歳の少女による同級生殺害事件も少年法改正論議に拍車をかけています。
この少年法が生ぬるいので、少年犯罪が起きるのだという意見が国民の支持を得て2000年に少年法は法改正されました。少年法を厳罰化することによって、少年犯罪を減少させることができるだろうと改正されたのです。そして、さらに最近でも一層の厳罰化への少年法改正案が取りざたされています。
しかし、少年法の厳罰化で少年犯罪は減少するのでしょうか。検証を客観的にする必要があると思います。実は、法務省から出版される「犯罪白書」によると少年法改正で厳罰化しても、少年犯罪の増減はほとんどないのです。犯罪白書をみると、昔と比べて少年犯罪が増加したり低年齢化しているわけでは無いという統計結果がでているのがわかります。
客観的にみると少年犯罪の激増というのはメディアの発達による副産物のようです。少年法を厳罰化しても少年犯罪数が変わらないのは、少年法という法律を知らない子供がほとんどだからです。「自分はたいして罰せられないから」と犯罪をしている状況はほとんどないのです。たしかに、厳罰化は被害者感情には沿ったものとなりますが、少年の更生を真剣に考えるなら、社会復帰した少年をどう受け入れていくかという仕組みづくりを考えた少年法でなければならないと考えます。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。