ニューズニュース
今話題のニュースをあれこれと語ります!
リンク



もれなくプレゼント!

納得の自動車保険見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



楽天



My Yahoo!に追加
Add to Google
にほんブログ村
人気blogランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



最近の記事



月別アーカイブ



RSSフィード



キーワード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中学受験
中学受験が、子供の将来を真剣に考える親を中心に熱い眼差しで注目されている。近年になって施行されたゆとり教育や学級崩壊への危機感からである。かっては富裕層の子供が私立中学へ進むことが一般的な傾向とされたが、最近は少子化の影響も相まって、経済的に厳しい世帯でも中学受験が広まりつつあるのである。それに呼応するかのように私立中学側も費用を安くする傾向にある。また最近では、国立中学もほとんど学費が掛からないので人気が高いようである。
約700校の私立中学が日本にある。その分布には偏りがあり、首都圏では、東京都179校、神奈川県62校、埼玉県20校、千葉県23校と4都県で284校を占められる。京阪神では、大阪府63校、兵庫県39校、京都府24校と3府県で126校を占めている。こういったことから、首都圏と京阪神地区の二極で中学受験が盛んである。なお、受験とは違うが、一部の地域で公立学校選択制が施行されたため、無選抜の公立学校に入学する場合でも進学先を選定することがある。
子供を私立中学校に入学させる最大の理由は次の6点である。1)教育レベルが公立校より高い。優秀な先生が多い。2)宗教教育が可能。信者家庭にとっては宗教系私立中学校に人気があるのはこのためである。3)高校への内部進学が可能。4)大学への内部進学も可能。 高校への内部進学のみならず、大学受験をせずに大学までエスカレーター式に内部進学できるという点は伸び伸びと学生生活をおくらせてあげたいと思う親心である。5)またレベルの高い一貫教育も魅力である。いじめなど問題行動に巻き込まれにくいこともある。6)そしてブランド価値が学校にあるので、卒業後の人間関係・人脈 優秀な同級生との繋がりは、金銭的なものには代えがたい財産になると感じる親も多い。
しかしである。このように良い面ばかりではない。まず教育費が当然公立中学では無料だが私立中学では相当に掛かること。入学前の通塾費も必要になる。また高校・大学受験などと違って浪人することが事実上想定されていないため、中学受験には、プレッシャーが親子共にあること。また最大の問題は、無理して入学した後に落ちこぼれる危険性も少なからずあることである。ただ、このような受験をくぐり抜けた優秀な人間の中で揉まれ、人間の幅が大きくなるというメリットも大きい。極力良い環境のもとで学生生活に勤しんで貰いたいと願う親にとってみれば、中学受験は、ますます、すそ野を広げて加熱すると思われる。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。